女性はねて死亡させ罰金 三重・四日市

四日市区検は6日、乗用車で女性=当時(84)=をはねて死なせたとして、自動車運転処罰法違反(過失致死)の罪で、三重県四日市市の男性作業員(43)を略式起訴した。四日市簡裁は同日、罰金70万円の略式命令を出した。

起訴状などによると、昨年12月14日午後9時ごろ、同県川越町の町道で横断中だった女性をはね、同15日に死亡させたとしている。

道交法違反(ひき逃げ)容疑でも逮捕されたが、津地検四日市支部は嫌疑不十分で不起訴処分とした。