金融庁、みずほに報告命令 年末の振り込み遅れで

金融庁の入る中央合同庁舎=東京都千代田区
金融庁の入る中央合同庁舎=東京都千代田区

金融庁が、令和3年末に振り込みが遅れるトラブルを起こしたみずほ銀行と親会社のみずほフィナンシャルグループ(FG)に対し、銀行法に基づく報告命令を出したことが6日、分かった。他行宛ての振り込みが滞り、顧客の取引に影響が出たことを踏まえた。12月30日に発生したトラブルでは、ATM(現金自動預払機)やインターネットバンキングで振り込みが一時できなくなり、約300件の当日中の入金手続きが間に合わなかった。システムの設定ミスが原因だった。

みずほ銀では3年2~9月にATMが停止するなど計8回のシステム障害が起き、金融庁は11月に業務改善命令を出した。今月17日までの改善計画提出を求めているが、その間にも再びトラブルが発生したことから、改めて報告命令を出すことにした。