コロナ検査体制の整備要請 知事会、変異株急拡大で

オンラインで開かれた全国知事会の新型コロナウイルス緊急対策本部の役員会議に臨む(画面左下から時計回りに)沖縄県の玉城デニー知事、広島県の湯崎英彦知事、山口県の村岡嗣政知事=6日午後、東京都内
オンラインで開かれた全国知事会の新型コロナウイルス緊急対策本部の役員会議に臨む(画面左下から時計回りに)沖縄県の玉城デニー知事、広島県の湯崎英彦知事、山口県の村岡嗣政知事=6日午後、東京都内

全国知事会は6日、新型コロナウイルスに関する国への要請書案を公表した。変異した「オミクロン株」の急拡大を受け、検査体制を早急に整備し、感染者を迅速に把握できるようにすべきだと訴えている。近く提出する。

知事会長の平井伸治鳥取県知事はオンラインで開いた会合で「医療の逼迫(ひっぱく)が起こり、保健所機能も低下するかもしれない。そうなれば感染拡大に歯止めがかからなくなる」と警戒感を表明した。

会合には、蔓延(まんえん)防止等重点措置の適用を求めた3県の知事も出席。村岡嗣政山口県知事は「感染急拡大には急ブレーキを踏まないといけない」と強調し、飲食店に厳しい時短営業を要請すると説明。湯崎英彦広島県知事は「相当強い対策をしないと、どんどん拡大する恐れがある」と指摘した。

要請書案では、知事の要請に応じて機動的に緊急事態宣言を発出することや、ワクチンの確実な供給も求めた。