母絞殺疑いで28歳男再逮捕 「言動にストレス」

平成30年に自宅で母親=当時(55)=の首を絞めて殺害したとして、愛知県警豊川署は6日、殺人の疑いで、同県豊川市古宿町、無職、青谷良樹容疑者(28)=死体遺棄罪で起訴=を再逮捕した。署によると「日頃から母親の言動にストレスを抱えていた」と容疑を認めている。

再逮捕容疑は30年6月下旬から同7月上旬ごろまでの間、自宅で母親の優子さんの首を両手で絞めて殺害したとしている。優子さんの遺体を自宅内に放置したとして、昨年10月に死体遺棄容疑で逮捕されていた。

県警が別事件の関係者として優子さんの行方を捜していたところ、良樹容疑者が「母は死んでいる」と説明。自宅を捜索した捜査員が優子さんの遺体を発見した。