春高バレー

男子・東亜学園 善戦も終盤力尽く

【東福岡-東亜学園】第1セット、スパイクを放つ東亜学園の辻陽人(3)=6日、東京体育館(桐山弘太撮影)
【東福岡-東亜学園】第1セット、スパイクを放つ東亜学園の辻陽人(3)=6日、東京体育館(桐山弘太撮影)

「ジャパネット杯 春の高校バレー」第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会は6日、東京体育館(渋谷区)で2回戦計32試合が行われた。都勢は6校が登場、男子の東亜学園は東福岡(福岡)に敗れ、3回戦進出はならなかった。

東亜学園は第1セット序盤からエース・安孫子、ポイントゲッターの中村にボールを集め、強豪相手に互角の戦い。しかし、時間差やブロードなど相手の多彩な攻撃に苦しめられ、徐々に引き離されてしまい、このセットを落とす。

第2セットは立ち上がり4点を連取される。その後も強打が決まらず、突き放される。それでも途中から「しっかりしたレシーブから相手の隙を突く」持ち前の攻撃パターンを取り戻す。内藤の強打も決まり出したが、最後まで点差を詰めることはできず、ストレート負けを喫した。