速報

速報

北朝鮮がミサイル発射か 海上保安庁発表

テニスのジョコビッチ選手ワクチン接種免除、豪で反発広がる

2021年11月、男子テニスでシングルスの今季年間世界ランキング1位で表彰を受けたノバク・ジョコビッチ選手=トリノ(ロイター=共同)
2021年11月、男子テニスでシングルスの今季年間世界ランキング1位で表彰を受けたノバク・ジョコビッチ選手=トリノ(ロイター=共同)

男子テニスで世界ランキング1位のセルビアのノバク・ジョコビッチ選手が4日、新型コロナウイルスワクチン接種の免除を認められたため、今月オーストラリア・メルボルンで開かれる全豪オープンに出場すると表明した。外国人の入国規制が世界でも厳しいオーストラリア国内では5日、「特別扱いではないか」との反発が広がった。

地元メディアによると、ジョコビッチ選手は5日深夜にメルボルンに到着したが、接種免除の書類不備を理由に入国が認められず、空港に留め置かれた状態だという。

当初は地元のビクトリア州政府が接種免除を決めたとしていたが、モリソン首相は5日の記者会見で、入国時に医学的な理由で接種できないと証明する必要があると強調。「証明が不十分であれば、次の飛行機で帰国してもらう」と述べた。(共同)