東京でオミクロン株「市中感染」 新たに17人判明

東京都新宿区の東京都庁第一本庁舎(佐藤徳昭撮影)
東京都新宿区の東京都庁第一本庁舎(佐藤徳昭撮影)

東京都は6日、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の感染者を新たに18人確認したと発表した。そのうち17人は感染経路が特定できておらず、都は「市中感染」とみられるとしている。都の市中感染は計54人となった。

都によると、18人はいずれも無症状や軽症。感染状況を分析する同日の都のモニタリング会議では、感染が従来株からオミクロン株に急速に置き換わっている現状が報告された。