春高バレー

女子1回戦 近江兄弟社(滋賀) 富山第一に競り勝つ

【近江兄弟社-富山第一】第2セット、スパイクを放つ近江兄弟社の三反畑奈々星(2)=東京体育館(萩原悠久人撮影)
【近江兄弟社-富山第一】第2セット、スパイクを放つ近江兄弟社の三反畑奈々星(2)=東京体育館(萩原悠久人撮影)

「ジャパネット杯 春の高校バレー」として行われる第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会(産経新聞など主催)が5日、東京体育館(東京都渋谷区)で開幕し、男女の1回戦40試合が行われた。県代表の女子・近江兄弟社は2-0で富山第一との接戦を制し、2回戦に進んだ。6日は進徳女(広島)と対戦する。男子・近江は初出場の日南振徳(宮崎)にストレートで敗れた。

近江兄弟社が得意のラリーに持ち込み、富山第一に競り勝った。

第1セットはラリーから相手ミスを誘い、逆転を許さずに先制。真骨頂を発揮したのは第2セットだ。

ブロックされた後のボールをフォローし、つなぐ練習に力を入れてきた。19-20の場面。長いラリーの応酬から何度も拾い上げたボールをエース五十嵐樹(いつき)(3年)がスパイクで決める。

25-25の場面では、ラリーの末に三反畑奈々星(さんだんばたななせ)(3年)が冷静に相手コートの隙をついてプッシュ攻撃。30-28までもつれたが、最後まで冷静に状況判断した近江兄弟社が一枚上手だった。主将の山本麻菜(3年)は「競り勝って、自信がついていると思う」と次戦を見据えた。

〇近江兄弟社・伊藤将史(まさし)監督「最後まで諦めずにラリーをやってくれたことが勝ちにつながった。いい試合をしてくれた」