速報

速報

国内感染者が過去最多 新型コロナ「第6波」

春高バレーが開幕 2大会連続無観客で開催

選手宣誓する高知(高知)の中山禅(右)と郡山女大付(福島)の三瓶心=5日、東京体育館(桐山弘太撮影)
選手宣誓する高知(高知)の中山禅(右)と郡山女大付(福島)の三瓶心=5日、東京体育館(桐山弘太撮影)

「ジャパネット杯 春の高校バレー」として行われる第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会が5日、東京都渋谷区の東京体育館で開幕し、男女1回戦が行われた。新型コロナウイルスの感染防止策として、前回に続いて無観客での開催となり、選手、監督ら出場チームの関係者全員に抗原検査も実施した。開会式は行わず、第1試合に出場する男子・高知の中山禅(3年)、女子・郡山女大付(福島)の三瓶心(3年)の両選手が選手宣誓を行った。

大会には都道府県予選を勝ち抜いた男女104校が出場。7日に4強が出そろい、8日に準決勝、9日に決勝が行われる。