春高バレー

青森男子代表・弘前工がフルセットで惨敗

【第74回春の高校バレー男子 1回戦 弘前工(青森)対東海大菅生(東京)】第3セット、スパイクを放つ弘前工・鳴海魁馬=5日、東京体育館(甘利慈撮影)
【第74回春の高校バレー男子 1回戦 弘前工(青森)対東海大菅生(東京)】第3セット、スパイクを放つ弘前工・鳴海魁馬=5日、東京体育館(甘利慈撮影)

弘前工(青森)はフルセットの接戦の末に惜敗、初戦で姿を消した。第1セットを落とし、続く第2セットは2年の大型セッター・山田を投入、本来のリズムを取り戻した。同じ2年で190センチの鳴海を軸に高い3枚ブロックで東海大菅生の攻撃を阻止する一方、同じく2年の沢頭が時間差やサーブで躍動し、フルセットに持ち込んだ。

勝負の第3セットはジュースの末、競り負けて万事休す。来年は主将でエースの鳴海は「どんなブロックでも打ち抜けるようにスパイクを磨く」とリベンジを誓った。