産経抄

1月5日

「鉄腕アトム」は手塚治虫さんによって、約70年前に世に送り出された。漫画のなかでは、少年ロボットは2003年に生まれる設定だ。手塚さんが描く科学技術の未来に多くの子供たちは魅了され、科学の道に進んだ人も少なくない。

▼アトムとは原子の意味。名前の通り原子力をエネルギーとして、10万馬力で空を飛んだ。その鉄腕アトムが昨年夏、ネットで話題になっていた。東京都内で開催された科学博に登場したアトムは、原子力ではなく、水素エネルギーなどを動力源としていた。

▼確かに水素は燃焼しても地球温暖化の原因とされるCO2を排出しない。日本が技術的に得意とするクリーンエネルギーである。ただ、原子力を過去のエネルギー源として切り捨てていいものか。

ランキング

  1. 【石平のChina Watch】「習氏ボイコット」が始まった

  2. 【正論】皇室の情報発信はどうあるべきか 作家・竹田恒泰

  3. 【新聞に喝!】時代とずれた価値観の強制 イスラム思想研究者・飯山陽

  4. 【産経抄】1月24日

  5. 【主張】世界遺産登録 ぶれずに佐渡金山推薦を

  6. 【浪速風】耐え続けている

  7. 【主張】日米首脳会談 「核抑止」の欠落は疑問だ

  8. 【主張】ウクライナ危機 米国支え露の侵攻を阻め

  9. 【産経抄】1月23日

  10. 【世界の論点】カザフ騒乱