春高バレー

女子1回戦 京都橘(京都)懸命の反撃及ばず

【岡崎学園-京都橘】第2セット、得点を挙げて喜ぶ京都橘の渡辺彩香(6)ら=東京体育館(佐藤徳昭撮影)
【岡崎学園-京都橘】第2セット、得点を挙げて喜ぶ京都橘の渡辺彩香(6)ら=東京体育館(佐藤徳昭撮影)

「ジャパネット杯 春の高校バレー」として行われる第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会(産経新聞など主催)が5日、東京体育館(東京都渋谷区)で開幕し、男女の1回戦40試合が行われた。京都府代表の女子・京都橘は岡崎学園(愛知)にストレートで敗れ、男子・東山は習志野(千葉)に逆転負けを喫し、両校とも初戦敗退に終わった。

2年ぶりに出場した京都橘は、スピードを生かし多彩な攻撃を繰り出す「高速立体バレー」を武器に挑んだが、相手の粘り強いバレーに阻まれ、ストレートで敗れた。

京都橘は第1セット、序盤から1点を争う展開の中、エース山本麗(うらら)(3年)と鈴木美柚(3年)のスパイク、時間差攻撃でリズムをつかみかけた。ただ、中盤からは相手の時間差攻撃や強烈なスパイクによる多彩な攻撃で一方的な展開に持ち込まれ、13-25で第1セットを落とした。

第2セットは、序盤にリードを奪ったものの、中盤からは相手のスパイクや堅守で押し返される一進一退の展開。主将の笹野文乃(3年)は「エースを助けるバレーができなかった」と振り返る。最後まで山本にボール集めるチームの形に持ち込み食い下がったが、24-26でこのセットを落とし初戦で涙をのんだ。

京都橘・三輪欣之監督 「第2セットは自分たちのバレーの形ができたが、最後はこちらのミスで流れを引き寄せ切れなかった」