京都で92人感染 入院措置の運用変更

京都府庁=京都市上京区
京都府庁=京都市上京区

京都府と京都市は5日、92人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。府内の新規感染者数が50人を超えたのは昨年9月29日(52人)以来。また、府は今月5日、新変異株「オミクロン株」の感染者10人を新たに確認したことも発表。府内のオミクロン株感染者は計62人となった。

府は新型コロナの感染が拡大傾向にあるため病床確保が急務として、新規感染者全員を原則入院措置としていた運用を4日付で変更。軽症や無症状の人は宿泊療養や自宅療養とし、重症者や重症化のリスクがある人、オミクロン株の感染が判明した人などは入院としている。

西脇隆俊知事は4日の記者会見で「本当に入院が必要な患者に備えるため、症状に合わせて入院と宿泊療養に分ける」と述べた。