春高バレー

山形女子代表・米沢中央が手堅く勝利

【第74回春の高校バレー】1回戦 A2 米沢中央(山形)対首里(沖縄) 第1セット、スパイクを放つ米沢中央の亀井美子(1)=5日、東京体育館(桐山弘太撮影)
【第74回春の高校バレー】1回戦 A2 米沢中央(山形)対首里(沖縄) 第1セット、スパイクを放つ米沢中央の亀井美子(1)=5日、東京体育館(桐山弘太撮影)

米沢中央(山形)は立ち上がりから高いブロックと正確なレシーブで、首里(沖縄)の攻撃陣を翻弄した。主将でエースの亀井美が強烈なスパイクで決めたり、堅い守りから相手のミスを誘ったりして第1セットを先取した。

第2セットは序盤、「(春高出場を決めた)県大会後、クロスからストレートに変えた」という伊藤未の渾身(こんしん)のスパイクなどで得点を重ねたが、一進一退の攻防に持ち込まれた。それでも後半、粘る首里に連続得点を許さず、亀井美の妹、亀井達らの強打で猛攻。25-19で奪い、初戦を突破した。