決勝は三菱重工浦和―千葉 サッカー女子皇后杯

C大阪堺に競り勝ち、喜ぶ菅沢(左から2人目)ら三菱重工浦和イレブン=カンセキ
C大阪堺に競り勝ち、喜ぶ菅沢(左から2人目)ら三菱重工浦和イレブン=カンセキ

サッカーの皇后杯全日本女子選手権は5日、宇都宮市のカンセキスタジアムとちぎで準決勝2試合が行われ、WEリーグの三菱重工浦和と千葉が決勝に進んだ。三菱重工浦和は3大会連続、千葉は9大会ぶりの進出で、ともに初優勝を目指す。

三菱重工浦和は後半32分に菅沢のPKで均衡を破り、なでしこリーグのC大阪堺を1―0で退けた。千葉は前半に鴨川が先制し、日テレ東京Vメニーナ(関東)を1―0で下した。

決勝は2月27日にサンガスタジアムbyKYOCERAで行われる。