春高バレー

東九州龍谷は快勝発進、復帰の相原監督「見事」

東九州龍谷―富士見 第2セット、スパイクを決める東九州龍谷・飯山(1)=東京体育館
東九州龍谷―富士見 第2セット、スパイクを決める東九州龍谷・飯山(1)=東京体育館

「ジャパネット杯 春の高校バレー」として行われる第68回全日本バレーボール高等学校選手権大会が5日、東京都渋谷区の東京体育館で開幕。女子で2大会ぶりの頂点を狙う東九州龍谷(大分)は、東京五輪女子日本代表コーチを務め、昨秋復帰した相原昇監督が3大会ぶりに春高で指揮を執った。「ほぼノーミスで戦い切ったのは見事。3年生がよくチームを引っ張った」と富士見(静岡)にストレート勝ちした選手たちをたたえた。

復帰後はプレゼンテーション用ソフトで要求の可視化を進めるなど、代表での経験を取り入れた。佐村真唯(まい)主将(3年)は「身近なことで例えてくれる」と分かりやすさを追求する〝相原流〟を歓迎。「日本一へ全員で勝ち上がりたい」と力を込めた。