ソニーがEV新会社 春に新設、商用化へ本腰

ソニーの本社=東京・港区
ソニーの本社=東京・港区

【ラスベガス(米西部ネバダ州)=塩原永久】ソニーグループは4日、電気自動車(EV)の市場投入を視野に新会社を今年春に設立すると発表した。社名は「ソニーモビリティ」で、グループ傘下のロボットやドローン(小型無人機)の開発部門を統合する。

【写真】スポーツタイプ多目的車(SUV)型EVの試作車

5日に一般公開が始まる米ラスベガスでの家電・IT見本市「CES」で、報道陣向けのイベントを開いて発表した。

ソニーは2020年のCESでEV開発を表明していた。イベントでは従来のセダンに加え、SUV(スポーツ多目的車)の試作車も公開した。

センサーやロボットなど得意とする分野と連携し、開発加速を目指すとみられる。

ソニーグループが公開したスポーツタイプ多目的車(SUV)型EVの試作車。右は吉田憲一郎会長兼社長=4日、米ラスベガス(共同)
ソニーグループが公開したスポーツタイプ多目的車(SUV)型EVの試作車。右は吉田憲一郎会長兼社長=4日、米ラスベガス(共同)