武井衆院議員を書類送検 車検、保険切れ容疑

武井俊輔氏(春名中撮影)
武井俊輔氏(春名中撮影)

自民党の武井俊輔衆院議員(46)の当時の秘書が昨年6月、東京都港区で車検と保険が切れた乗用車を運転して当て逃げ事故を起こしていた問題で、警視庁交通捜査課は5日、乗用車の所有者の武井議員を道路運送車両法違反(無車検)などの疑いで、埼玉県和光市の当時の秘書の男性(64)を自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)などの疑いで書類送検した。武井議員は無車検、無保険については認めているものの、事故に関しては「その認識はなかった」などと供述している。

当時の秘書の書類送検容疑は昨年6月8日午後6時半ごろ、武井議員を乗せ、同氏が所有する車検と自賠責保険が切れた状態の乗用車を運転し、東京都港区六本木の交差点を左折する際、都内に住む男性(57)が乗る自転車に衝突して軽傷を負わせ、その場を去ったとしている。武井議員には道路運送車両法と自動車損害賠償保障法の両罰規定を適用した。

交通捜査課によると、衝突された男性がすぐに乗用車を追いかけて停車させ、近くにいた警察官が調べたところ無車検、無保険が発覚。乗用車は昨年3月に車検が、同4月に自賠責保険が切れていた。武井議員は乗用車の管理に関し「秘書に任せていた」などと供述しているという。