米軍、北朝鮮の飛翔体は「弾道ミサイル」の認識

北朝鮮の国旗(ロイター)
北朝鮮の国旗(ロイター)

米インド太平洋軍は5日、「北朝鮮が弾道ミサイルを発射したと承知している」と指摘した上で「同盟・パートナー諸国と緊密に協議している」とする声明を発表した。

声明は、今回発射されたミサイルが「米軍将兵や米領、同盟諸国に直ちに脅威を与えるものではない」と分析しつつ、ミサイル発射は「北朝鮮の不法な兵器開発計画が(地域を)不安定化させることを浮き彫りにするものだ」と批判。また、「韓国と日本の防衛に向けた米国の関与は引き続き強固だ」と強調した。