蔓延防止措置要請を協議 沖縄で暫定600人感染 オミクロン株急拡大

大規模なクラスターが発生した米海兵隊キャンプ・ハンセン=5日午後、沖縄県金武町
大規模なクラスターが発生した米海兵隊キャンプ・ハンセン=5日午後、沖縄県金武町

沖縄県は5日、暫定値で600人前後の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。県は同日夕、「まん延防止等重点措置」適用の政府への要請を巡り、経済団体や医療専門家らとそれぞれ協議する。

県内では年明けに感染者が急増。3日は130人、4日は225人の感染が確認された。昨年12月から米軍基地内で陽性者が増え、県は米軍由来のオミクロン株が市中に広がり、感染が急拡大しているとみている。