春高バレー

福島女子代表・郡山女大付、高さ崩せず敗戦

【第74回春の高校バレー 1回戦】 E1 郡山女子大付(福島)対三重(三重) 第1セット、スパイクを放つ郡山女子大付の本田凜(7)=東京体育館(撮影・佐藤徳昭)
【第74回春の高校バレー 1回戦】 E1 郡山女子大付(福島)対三重(三重) 第1セット、スパイクを放つ郡山女子大付の本田凜(7)=東京体育館(撮影・佐藤徳昭)

郡山女大付(福島)は、相手の高さを崩すことができず、初戦で散った。第1セットはエース・本田が相手にマークされるなど苦しい展開。安藤や後藤らの強打で反撃したが、最後まで流れを変えられなかった。

第2セットは本田の攻撃などで序盤からリードし、小林と後藤の2枚ブロックも決まって点差を広げた。だが、粘る相手に追い上げられて終盤に逆転を許し、逃げ切られた。高校バレー最後となる主将の佐藤のあは「第2セットはミスから崩れ、立て直すことができなかった」と唇をかみしめ、目標の16強入りを後輩に託した。