トヨタ、米新車販売首位 21年GM抜く

記者会見するトヨタ自動車の豊田章男社長=2021年12月、東京(AP=共同)
記者会見するトヨタ自動車の豊田章男社長=2021年12月、東京(AP=共同)

2021年の米新車販売台数で、トヨタ自動車が米ゼネラル・モーターズ(GM)を抜いて首位となったことが4日、分かった。米国以外のメーカーが年間販売首位になるのは史上初とみられる。

ロイター通信によると、GMは1931年から保ってきた新車販売台数首位の座を90年ぶりに明け渡した。

トヨタの21年の新車販売は20年比10%増の233万2千台だった。GMは13%減の221万8千台でトヨタが約11万台上回った。他のメーカーはこの2社を下回る。

GMは、半導体不足により北米の工場で生産を休止したことが大きく響き減産したが、トヨタは影響が限定的だった。(共同)