正論

コロナ後の国造りは若手が担う 日本財団会長・笹川陽平

ハロウィーン当日を迎え、仮装姿で歩く若者らで混雑する東京・渋谷駅付近。コロナ対策による飲食店への営業時間短縮要請が約11カ月ぶりに解除された初の週末と重なった=2021年10月31日夜
ハロウィーン当日を迎え、仮装姿で歩く若者らで混雑する東京・渋谷駅付近。コロナ対策による飲食店への営業時間短縮要請が約11カ月ぶりに解除された初の週末と重なった=2021年10月31日夜

新しい年を迎え、わが国が大きな変革期を迎えていることを、あらためて実感する。いつの時代も社会の変革を担ってきたのは若者である。今後の社会を担うのは、子供時代からスマートフォンや会員制交流サイト(SNS)に親しんできた「AIネーティブ」と呼ばれる世代であろう。

笹川陽平氏
笹川陽平氏

3年目を迎えいまだ「出口」が見えない新型コロナ禍で、社会はあらゆる分野で大きな打撃を受け疲弊の極みにある。アフターコロナの社会造りの主役を担うのは彼らである。健全で活力ある社会を築くためにも、国全体で若い世代を支えていく必要がある。

ランキング

  1. 【風を読む】廃校を狙う中国エリート校 論説副委員長・佐々木類

  2. 【一筆多論】認知症薬、期待と現実と 佐藤好美

  3. 【正論】「偽情報」拡散も安全保障の脅威 日本大学教授・松本佐保

  4. 【産経抄】1月18日

  5. 【主張】施政方針演説 安保の説明に熱量足りぬ

  6. 【正論】文政権の失敗から学ぶべき教訓 龍谷大学教授・李相哲

  7. 【ポトマック通信】米国にリーダーはいない

  8. 【主張】企業のコロナ対策 社会活動の継続に全力を

  9. 【浪速風】備えの第一は知識と知恵

  10. 【多面鏡】止まらぬ無差別殺傷 「無敵の人」を生んだのは誰か 東京社会部長・酒井孝太郎