春高バレー

女子1回戦 氷上(兵庫) 粘り及ばず初戦敗退

【氷上-古川学園】第1セット、スパイクを放つ氷上の池田茉莉(8)=東京体育館(桐山弘太撮影)
【氷上-古川学園】第1セット、スパイクを放つ氷上の池田茉莉(8)=東京体育館(桐山弘太撮影)

「ジャパネット杯 春の高校バレー」として行われる第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会(産経新聞など主催)は5日、東京体育館(東京都渋谷区)で開幕し、男女の1回戦40試合が行われた。県代表の男子・市尼崎は明和県央(群馬)と対戦。ストレート勝ちで2回戦進出を決めた。6日に山形中央(山形)と対戦する。女子・氷上は古川学園(宮城)に敗れ、初戦敗退となった。

全国優勝7回の名門校。スキのないチームワークが持ち味の氷上だったが、圧倒的な高さを誇る古川学園に苦しめられた。

第1セット、序盤はハイジャンパーの森本結衣(3年)が鋭いスパイクを放つなど互角の展開。しかし、古川学園が身長195センチのタピア・アロンドラ(2年)を投入すると、流れが変わった。高い打点からの攻撃、ブロックに翻弄される展開が続く。嫌な流れは第2セットでも断ち切ることはできなかった。古賀百々音(ももね)(2年)のスパイクで一時追いついたが、粘り切れず初戦敗退となった。

「次はこの結果を変えてほしい」と後輩に夢を託した主将の三宅望天(そら)(3年)。この試合では敗れはしたものの、木下結稀(1年)が躍動。負傷でプレーできなかったエース宮崎真菜(2年)も闘志を燃やしている。名門の魂は次世代に受け継がれた。

〇氷上・川釣修嗣監督「自分たちのバレーをするという練習をしてきたが、途中から崩れてしまい、高いところからの連続攻撃でやられてしまった」