春高バレー

男子1回戦 東亜学園(東京)積極攻勢で札幌藻岩振り切る

【第74回春の高校バレー男子 1回戦 札幌藻岩(北海道)対東亜学園(東京)】第2セット、得点して喜ぶ東亜学園の選手ら=5日、東京体育館(甘利慈撮影)
【第74回春の高校バレー男子 1回戦 札幌藻岩(北海道)対東亜学園(東京)】第2セット、得点して喜ぶ東亜学園の選手ら=5日、東京体育館(甘利慈撮影)

「ジャパネット杯 春の高校バレー」第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会は5日、東京体育館(東京都渋谷区)で開幕し、男女の1回戦40試合が行われた。初日は都代表の6校のうち3校が登場、男子の東亜学園は札幌藻岩(北海道)に勝利した。

東亜学園は攻守に安定感のある主将、安孫子を軸に「つなげるバレー」を意識したというチーム。僅差のリードで進んだ第1セットは、途中から本来のポイントゲッターで、昨年、右手人さし指を骨折していた中村をコートに投入。相手のミスに助けられつつも、チーム一の跳躍力を持つ内藤の強打や、佐々木のサービスエースなど積極的な攻勢で、このセットを先取した。

第2セットも終盤までもつれる展開となったが、猛追する相手を振り切った。次の相手は前回大会の覇者、東福岡。安孫子は「対等な立場と思ってしっかり戦いたい」と必勝を期した。