岸田首相、改憲へ「重要な年」 自民役員会で抱負

自民党役員会に臨む岸田文雄首相=5日午前、東京・永田町の自民党本部(矢島康弘撮影)
自民党役員会に臨む岸田文雄首相=5日午前、東京・永田町の自民党本部(矢島康弘撮影)

岸田文雄首相(自民党総裁)は5日、党の仕事始めとなる役員会に出席し、憲法改正について「国会の活発な議論と裾野の広い国民議論を両輪とし、力強く(党で)進めてもらう重要な年になる」と強調した。夏の参院選に向けては「勝利することが政治の安定、政策課題で結果を出すために不可欠だ。日本の将来を決める戦いであるとの覚悟で臨みたい」と抱負を述べた。

茂木敏充幹事長が役員会後の記者会見で明らかにした。茂木氏は参院選の目標議席を問われ、安定政権の維持が重要だとして「参院においても与党で過半数維持」と答えた。