奈良は54人感染 昨年9月以来の50人超

奈良県庁=奈良市
奈良県庁=奈良市

奈良県は5日、新たに54人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。1日の新規感染者数が50人を超えるのは昨年9月22日ぶり。県内の感染状況は昨秋から沈静化していたが一転、急増。今月4日には、新たな変異株「オミクロン株」の市中感染が初めて確認された。

県内では昨年8月の第5波の際には、ほぼ連日100人台の新規感染者数を確認。同24日には223人と過去最多になった。その後、同9月下旬からは急速に減少。11月にはおおむね1桁台で推移し、12月には13日連続で感染者ゼロとなるなど、感染状況は落ち着いていた。