ATMの1億近く窃盗疑い、千葉のALSOK社員逮捕

千葉県警本部=千葉市中央区
千葉県警本部=千葉市中央区

千葉県警柏署は5日、業務で訪れた現金自動預払機(ATM)6カ所から現金約9500万円を盗んだとして、窃盗の疑いで同県市原市光風台、角川恵太容疑者(33)を逮捕した。事件当時、警備会社「ALSOK警送」の千葉支社社員だった。同署によると、「ボートレースの金に必要だった」などと容疑を認めている。

逮捕容疑は、昨年10月28日午前10時10分~午後4時50分ごろ、千葉県内の銀行支店やショッピングモールなどに設置されたATMから計9598万円を盗んだとしている。

柏署によると、角川容疑者はATMのメンテナンス業務を担当。1人で作業している最中、現金を盗んでいたとみられる。

昨年11月2日に不具合が生じたATMを同社が調べた結果、現金の不足が判明した。社内調査に対し、角川容疑者が認め、同26日に懲戒解雇となった。