速報

速報

北朝鮮がミサイル発射か 海上保安庁発表

春高バレー

男子1回戦 近江(滋賀) ストレートで敗れる

【日南振徳-近江】第2セット、得点を挙げて喜ぶ近江の選手=東京体育館(鴨志田拓海撮影)
【日南振徳-近江】第2セット、得点を挙げて喜ぶ近江の選手=東京体育館(鴨志田拓海撮影)

「ジャパネット杯 春の高校バレー」として行われる第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会(産経新聞など主催)が5日、東京体育館(東京都渋谷区)で開幕し、男女の1回戦40試合が行われた。県代表の女子・近江兄弟社は2-0で富山第一との接戦を制し、2回戦に進んだ。6日は進徳女(広島)と対戦する。男子・近江は初出場の日南振徳(宮崎)にストレートで敗れた。

近江はセッターの久保田雄主将(3年)を中心に多彩なコンビ攻撃を展開したが、高さのある日南振徳に打ち込まれた。第1セットは鋭い攻撃で点を取り合う展開となったが、攻撃ミスが重なり徐々に離される。リベロが体を張ってボールをつなぐも、身長約2メートルの相手センターに要所でたたきこまれ、そのまま振り切られた。

第2セットは、森歩夢(2年)らの時間差攻撃や草野朱璃(しゅり)(3年)、丸山令路(3年)の速攻でブロックをかわす得意のパターンを見せつける一方、相手サーブに乱されうまく攻撃に持ち込めない場面も。「まず1点」と声を掛け合い、終盤は三杉遥(はるか)(2年)の強烈なバックアタックで3点をもぎ取るなど食い下がったが、反撃が遅かった。

〇近江・太田勝之監督「前半は持ち味を出せたがミスが痛かった。初戦に力を発揮させるのが私の課題だが、かなわなかった」