名古屋駅で不審者対応訓練 京王線の事件受け

愛知県警が名古屋駅前で行った不審者対応の訓練=5日午後
愛知県警が名古屋駅前で行った不審者対応の訓練=5日午後

愛知県警は5日、京王線特急の乗客刺傷事件などを受けJR名古屋駅前で、火を付けようとした男が現れたなどの想定で、投げるタイプの消火剤や金属探知機を使った不審者対応の訓練をした。

訓練では「死んでやる」と叫ぶ男が駅構内に現れたと想定。ペットボトルに入った、ガソリンに見立てた水をかぶったり周囲にまき散らしたりした後、ライターで火を付けようとしたところに、警察官が野球ボールほどの大きさの模擬消火剤を投げつけた。割れると中から消火剤が飛び出す仕組みで、この日は代わりに入れていた水が飛び散った。

愛知県警が名古屋駅前で行った不審者対応の訓練で警察官に取り押さえられる犯人役=5日午後
愛知県警が名古屋駅前で行った不審者対応の訓練で警察官に取り押さえられる犯人役=5日午後

金属探知機を使用した訓練は、電車内で男が刃物を取り出し、通報を受けた警察官が駅で待ち構えるとの想定。男の胸付近で探知機が反応し、刃物を取り出して暴れた男を取り押さえた。