EU、タトゥーインク規制 健康被害防止、業界は反発

欧州連合(EU)本部=ベルギー・ブリュッセル(ロイター)
欧州連合(EU)本部=ベルギー・ブリュッセル(ロイター)

欧州連合(EU)は4日、タトゥー(入れ墨)の着色用インクに使用される数千種類の化学物質を禁止する新たな規制を施行した。がんなどの健康被害を防ぐためだとしている。タトゥー業界は代替のインクを見つけるのが困難だと指摘し、産業全体に大打撃になると反発している。

欧州メディアによると、フランスやドイツ、ベルギーなどEU7カ国が既に国レベルで同様の規制を導入している。EUによると、域内人口の少なくとも12%がタトゥーをしているという。

EUの規制は、がんや遺伝子変異を引き起こす化学物質、刺激性の化学物質などが対象。EUの専門機関、欧州化学物質庁(ECHA)は「インクによる慢性的なアレルギー反応や炎症性の皮膚反応のほか、がんなどの深刻な健康被害も減らせる」と意義を強調している。

一方、タトゥー業界の関係者はロイター通信に「パン屋から小麦粉を取り上げるようなものだ」と語り、営業できなくなると懸念を訴えた。(共同)

パリで客にタトゥーを入れるアーティスト(ロイター=共同)
パリで客にタトゥーを入れるアーティスト(ロイター=共同)