岸防衛相「EEZ外側に落下と推定」北朝鮮ミサイル

北朝鮮から弾道ミサイルの可能性があるものが発射されたことを受け、記者団の取材に応じる岸田首相=5日午前9時、首相官邸
北朝鮮から弾道ミサイルの可能性があるものが発射されたことを受け、記者団の取材に応じる岸田首相=5日午前9時、首相官邸

岸信夫防衛相は5日、北朝鮮が発射した弾道ミサイルとみられる飛翔体について、記者団に「通常軌道であれば約500キロ飛翔し、落下したのはEEZ(排他的経済水域)の外と推定される」と述べた。

北朝鮮は午前8時7分ごろ、同国内陸部から弾道ミサイルの可能性がある飛翔体を東方向へ発射した。岸氏は分析中として、発射弾数や飛翔高度などの詳細は明らかにしなかった。日本の航空機や船舶への被害情報は確認されていない。