鉄道風景いまむかし

「銀河」はいつも高根の花 20系ブルトレから観光特急

ブルートレインの20系客車を使用した急行「銀河」=昭和55年
ブルートレインの20系客車を使用した急行「銀河」=昭和55年

国鉄が昭和62年春、JRに移行してからまもなく35年となる。その間、バブル崩壊、全国各地での地震や豪雨、そして昨今の新型コロナウイルス禍などを経験し、鉄道や旅を取り巻く状況は大きく変化した。鉄道が現在よりも大きな位置を占めていた国鉄時代。懐かしい当時を振り返りながら、移り変わる鉄道の風景を見つめてみた。

JR西日本が長距離の観光特急列車として令和2年秋に運行を開始した「ウエストエクスプレス銀河」。京都・大阪などから出雲市(島根)への山陰コース、下関(山口)を目指す山陽コース、新宮(和歌山)行きの紀南コースがある。乗車には旅行会社のツアーに申し込む必要があり、新型コロナウイルス禍でも高い人気を誇っている。

車両は国鉄時代、京阪神を新快速として走り、車齢40年以上になる117系電車を改造したもの。濃紺の外観は、かつて寝台列車に使用された客車「ブルートレイン」を思わせる。そして列車名の「銀河」もそう。東京と大阪を結び、ビジネスマンや観光客が利用した寝台急行と同じだ。

ランキング

  1. 名大元院生の論文 実験データ捏造など不正12件発見

  2. 大阪の接種会場の管理医師、覚醒剤所持容疑で逮捕

  3. コロナで飼育員不足…天王寺動物園が25日から臨時休園

  4. 【鉄道風景いまむかし】「連絡船うどん」も姿を消した 乗り換えダッシュの高松駅

  5. 高校で灯油窃盗疑い 教諭逮捕 鳥取

  6. 高校生連れ去り監禁疑い 少年3人逮捕 滋賀

  7. 1000勝間近の「いぶし銀」、現役続行かけた対局へ

  8. 名古屋市、感染者の行動歴調査を断念

  9. 【聖徳太子没後1400年 第6部①】母ゆかりの尼寺、謎めく創建の様相 寺宝は国内最古の刺繍

  10. 【ひょうご発】問われる知事の資質