ロンドン円、116円台 一時5年ぶり円安水準

年明け4日のロンドン外国為替市場の円相場はドルに対して下落し、一時1ドル=116円台を付けた。2017年1月以来、5年ぶりの円安ドル高水準となった。

4日の東京株式市場の日経平均株価が大幅反発したことなどから投資家がリスクを取る姿勢を強め、相対的に安全な通貨とされる円を売ってドルを買う動きが広がった。日米の金利差拡大を意識した動きも見られた。

新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の感染拡大で各国が規制を再強化するが、景気が低迷するとの懸念が一時期よりも和らいだことも円売りドル買いを誘った。(共同)