速報

速報

共通テスト不正 受験生出頭

昨年の交通事故死者2636人 過去最少を更新

令和3年の全国の交通事故死者数は、前年より203人少ない2636人だったことが4日、警察庁の集計で分かった。統計がある昭和23年以降で最少を更新した。車両の安全性能の向上に加え、相次ぐ高齢運転者らによる暴走事故や子供が巻き込まれる事故を受けた安全運転意識の向上などが要因とみられる。

事故件数(速報値)は30万5425件(前年比3753件減)で、負傷者数は36万1768人(7708人減)だった。死亡者数は5年連続で過去更新するなど減少傾向が続き、昨年は過去最多だった昭和45年の1万6765人の2割以下まで減った。

交通事故死者数2636人のうち65歳以上の高齢者は1520人で前年と比べ76人減少したが、57・7%を占め、過去最多の割合を更新した。

都道府県別の交通事故死者数では、神奈川県が142人(2人増)で、統計がある昭和23年以降初めて全国ワーストとなった。大阪140人(16人増)、東京133人(22人減)が続いた。最少は島根10人(8人減)だった。

人口10万人当たりの死者数は徳島が最多で4・45人。以下、山梨3・95人、香川3・89人となった。最少は東京の0・95人だった。

二之湯智国家公安委員会委員長は「子供や高齢者をはじめとした歩行者の安全確保、交通安全教育などの推進、悪質・危険な交通違反の指導取り締まりなどの多角的な取り組みを強力に推進するよう警察を指導したい」などとするコメントを出した。