立民・泉代表、参院選目標は「与党過半数割れ」

伊勢神宮内宮を参拝後、手を振る立憲民主党の泉代表=4日午前、三重県伊勢市
伊勢神宮内宮を参拝後、手を振る立憲民主党の泉代表=4日午前、三重県伊勢市

立憲民主党の泉健太、国民民主党の玉木雄一郎両代表は4日、三重県伊勢市の伊勢神宮をそれぞれ参拝した。泉氏は年頭記者会見で、夏の参院選について「与党の改選過半数割れが目標だ。党として1議席でも多く議席獲得を目指す」と述べた。玉木氏は会見で、改選複数区を中心に候補者擁立を積極的に進める意向を改めて示した。

玉木氏は、参院選での野党共闘について、立民と共産党がどのような関係をつくるかを見極める意向を重ねて表明。「各党と等距離で連携を進める」とも述べた。

共産党の志位和夫委員長は党本部での旗開きで、今年、党創立100周年を迎えることに触れ「100周年にふさわしい勝利と躍進を参院選で必ず勝ち取ろう」と訴えた。