東京でオミクロン株市中感染8人 ワクチン未接種者から集団感染も

東京・渋谷を行き交うマスク姿の人たち=3日夕
東京・渋谷を行き交うマスク姿の人たち=3日夕

東京都は4日、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の感染者を新たに8人確認したと発表した。いずれも感染経路が特定できておらず、都は市中感染にあたるとしている。都の市中感染は累計21人となった。

8人のうち、20代女性は職場に濃厚接触者が50人おり、このうち10人の新型コロナ感染が判明した。都はオミクロン株かどうかの検査を急いでいる。都によると、女性はワクチンを接種しておらず、女性が感染源となり職場で集団感染が起きたとみている。

都内では、3日にもオミクロン株の市中感染が11人確認されている。都の担当者は「年末年始に会食の機会が増え、市中感染が急増したと考えられる。足元の状況を見ると今後も増加する恐れがある」と述べた。

一方、都は4日、新型コロナの感染者が新たに151人報告されたと発表した。1日の感染者が150人を超えるのは、昨年10月3日の161人以来、3カ月ぶりとなる。