北海道でオミクロン株感染を初確認 関西から帰省中の40代男性

北海道庁(坂本隆浩撮影)
北海道庁

北海道は4日、札幌市内に帰省していた関西在住の40代男性が新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」に感染していたことが確認されたと発表した。オミクロン株の感染者が道内で確認されるのは初めて。

道などによると、男性は昨年12月27日に関西から札幌市内に帰省。同日に関西方面の知人から「陽性者と濃厚接触があった」との連絡を受け、札幌保健所に相談。PCR検査で陽性が確認され、その後のゲノム解析でオミクロン株であることが判明したという。男性は軽症で医療機関に入院している。

札幌市保健所によると、男性は帰省後、不特定多数の人との接触はなかった。担当者は「関西方面での感染が考えられる」としている。男性の家族など濃厚接触者はいずれも検査で陰性が確認されている。