大阪成田山不動尊が出張おみくじ 天満橋のモール

開運招福を願い、成田山不動尊のおみくじを引く女性=大阪市中央区
開運招福を願い、成田山不動尊のおみくじを引く女性=大阪市中央区

新年を迎え、大阪成田山不動尊(大阪府寝屋川市)の開運招福おみくじが、大阪・天満橋の商業施設「京阪シティモール」でも授与され、訪れる人たちに人気だ。同施設屋上に不動明王が座しているのが〝縁〟で実現。新型コロナウイルスの収束が見えない中、「初詣の雰囲気を味わってほしい」と関係者は正月気分を盛り上げている。

おみくじには「招き猫」や「七福神」など4種類あり、それぞれにちなんだ小さな縁起物が入っている。同施設によると、開店初日の2日から200体以上が引かれる注目度という。

4日に大阪市北区から来た母娘はともに大吉を引き当てた。おみくじの中にあった小型の「熊手」や「軍配うちわ」を手にし、「財布の中へ入れて開運を期待します」と笑顔をみせた。

同施設屋上にある不動尊は、京阪中之島線の安全と発展を願い、開通前の平成17年に大阪成田山不動尊から分霊された。人々の出会いをかなえるとし、親しまれるよう「出会い不動」と名付けられており、おみくじ授与は知名度を高める試みにもなっている。

屋上の「出会い不動」
屋上の「出会い不動」

コロナ禍でも安心して利用できるとして、屋上は開放しており、おみくじを引いた後、出会い不動に願をかけに行くこともできる。同施設は「目前の大川の景色も楽しめる。お不動さんともご縁を結んでもらえたら」としている。

おみくじは各200円、今月31日まで。8階におみくじの結び所がある。問い合わせは同施設(06・6944・5088)。