白浜の成人式、イルカショーのサプライズ

記念写真に臨む新成人たち=和歌山県白浜町のアドベンチャーワールド
記念写真に臨む新成人たち=和歌山県白浜町のアドベンチャーワールド

和歌山県白浜町の成人式が4日、町内のレジャー施設「アドベンチャーワールド(AW)」で開かれた。AWで成人式が開かれるのは初めて。イルカショーのサプライズ企画もあり、なごやかなムードの中、新成人が気持ちを新たにしていた。

AWの成人式は昨年、コロナ禍のため別会場で予定していた式が延期となる中、井澗(いたに)誠町長が「白浜町を代表する施設」としてAWに要請し、いったんは5月に計画が立てられたが、最終的に10月にオンライン開催となった。今年は、町が改めてAWに要望して例年式が開かれる1月4日に実現することになった。

会場は普段イルカショーが行われている4千人収容可能なビッグオーシャン。新成人156人や家族約230人が集まる中、サプライズ企画としてイルカショーが開催され、イルカやクジラが豪快なジャンプなどのパフォーマンスを繰り広げると、新成人らから歓声が沸き起こった。

式辞では、井澗町長が「本日のご自身の未来への決意を忘れることなく、それぞれの分野で活躍することを心から期待する」とあいさつ。AWの今津孝二園長は「自信を持ってこれからの人生を歩んでいただきたい。機会をつくって家族でAWに来てほしい」と呼びかけた。

新成人代表の中本朱優(あゆ)さんは「今まで以上に自分の言葉や行動に責任を持ち、何事にも精いっぱい努力を重ねていかなければならない」と決意を述べた。

この日、新成人と家族はAWの入園料と駐車場代が無料となった。