箱根駅伝速報

(9)7区で青学大がリードを広げる 追う駒大と順大がデッドヒート

2位でたすきをつなぎに向かう、駒沢大の6区・佃康平=神奈川県小田原市の小田原中継所(撮影・佐藤徳昭)
2位でたすきをつなぎに向かう、駒沢大の6区・佃康平=神奈川県小田原市の小田原中継所(撮影・佐藤徳昭)

箱根駅伝7区は青学大がトップを守った。当日メンバー変更された岸本大紀が1時間2分39秒の好タイムで快走し、2位以下との差を広げて、8区の佐藤一世につないだ。

青学大の独走を止めたい2位争いは駒大・白鳥哲汰と順大・西沢侑真が抜きつ抜かれつのデッドヒート。白鳥は一度は3位に落ちながら19キロ地点直前で再度西沢をかわして、2位でたすきをつないだ。青学大との差は2位駒大が4分51秒、3位順大が4分52秒。