青学大、大会新で奪還 9、10区で区間新連発

【第98回箱根駅伝 復路】10区を走る中倉啓敦のゴールを待つ青学大(右端は原晋監督)=3日、東京・大手町(代表撮影)
【第98回箱根駅伝 復路】10区を走る中倉啓敦のゴールを待つ青学大(右端は原晋監督)=3日、東京・大手町(代表撮影)

第98回東京箱根間往復大学駅伝最終日は3日、神奈川県箱根町から東京・大手町までの復路5区間、109・6キロに関東20校とオープン参加の関東学生連合を加えた21チームが参加して行われ、往路制覇の青学大が10時間43分42秒の大会新記録で2年ぶり6度目の総合優勝を果たした。

見事な圧勝劇だった。復路を2分37秒差の1位でスタートした青学大は一度も先頭を譲らず、2位の順大に10分51秒の大差をつける大会新記録で総合優勝を果たした。アンカーの中倉は「たくさんの人の思いが詰まったたすきを1位でゴールに持ってこれてうれしい」と顔を紅潮させた。

最後の2区間は圧巻で区間新を連発した。従来の記録を9区中村が46秒、10区中倉が50秒更新。2位に大差をつけた展開で攻める走りを貫いた。中村は「狙っていた」と笑った。2人の積極性が大会新記録、復路優勝につながった。原監督は「安全策ではなく、学生自ら区間新記録を狙ってくれた。自律するチームになった」と目を細めた。

昨季は総合4位だった。苦い経験を胸に飯田主将は「一人一人が自らの走りで優勝させる気持ちを持ち、崩れないようにしよう」と訴えた。普段のジョギングから記録を意識し、自主的に練習量を増やす選手もいた。成果は記録に結びついた。指揮官は「陰で皆が努力してくれた」と褒めた。

筋力強化には細心の注意を払った。厚底シューズなどによる高速化の副作用で、腰の周辺や臀部(でんぶ)を故障する選手が増えた。筋肉の深層部だけでなく、スクワットなどで表層部も強化し、故障しにくい体を作った。力強さを備えた選手は大一番で力を発揮した。

勝てる力は十分ある-。原監督は力強く走りきることを目指し「パワフル大作戦」を掲げて挑んだ。選手に胴上げされた後、テレビカメラに向かって「パワフル大作戦、大成功」と、いたずらっぽく笑った。(小川寛太)

>【フォト特集】青学大が2年ぶり総合V 箱根駅伝、大会新記録