速報

速報

猟銃立てこもり、男の身柄確保

鹿児島の住宅で母娘が死亡 夫が殺害認める

母娘2人が死亡した現場付近を警戒する警察官=1日夜、鹿児島市
母娘2人が死亡した現場付近を警戒する警察官=1日夜、鹿児島市

1日午後6時15分ごろ、鹿児島市吉野町の住宅で、女性と乳児が血を流して倒れているのが見つかり、現場で死亡が確認された。鹿児島県警鹿児島中央署は2日、2人はこの家に住む母親と娘で、夫(33)が殺害を認める趣旨の話をしていると明らかにした。

同署によると、亡くなったのは古市真穂さん(28)と生後11カ月ほどの娘、明里ちゃん。夫は水を張った浴槽で首や胸から血を流しているのが見つかったが、命に別条はなく、自傷したことを認めているという。同署が詳しい状況を調べている。

夫の母親が住宅を訪れた際、内側のチェーンが掛かっていたため、最寄りの交番に行き相談。警察官がチェーンを切断して家に入り、3人を見つけた。

現場はJR鹿児島駅から北東に約4・5キロの住宅街。