「明るく楽しい1年に」 住吉大社、初詣客でにぎわう

住吉大社の本殿前で一年の幸せを願う参拝客ら=2日午前、大阪市住吉区(永田直也撮影)
住吉大社の本殿前で一年の幸せを願う参拝客ら=2日午前、大阪市住吉区(永田直也撮影)

正月三が日の2日、大阪市住吉区の住吉大社は、多くの初詣客でにぎわった。晴れ着にマスク姿の家族連れらは賽銭(さいせん)を投げて手を合わせ、一年の健康や幸せを祈願した。

新型コロナウイルスの感染拡大前は三が日で約230万人が訪れていたが、コロナ対策で初詣の分散を呼びかけるなどした昨年は約64万人と大幅に減少。今年は約80万人の参拝を見込んでいるという。

多くの参拝客でにぎわう住吉大社の反橋(たいこばし)付近=2日午後、大阪市住吉区(永田直也撮影)
多くの参拝客でにぎわう住吉大社の反橋(たいこばし)付近=2日午後、大阪市住吉区(永田直也撮影)

大阪府泉佐野市から家族と訪れた高校1年、和田希保さん(16)は「家族が安全で、明るく楽しい1年になりますように」と手を合わせていた。

住吉大社は「ゆったりもうで」として3月31日までの初詣を呼びかけている。