明大、帝京大が決勝へ 全国大学ラグビー

前半、トライを決める明大・大石康太=2日、国立競技場(福島範和撮影)
前半、トライを決める明大・大石康太=2日、国立競技場(福島範和撮影)

ラグビーの全国大学選手権は2日、東京・国立競技場で準決勝2試合が行われ、明大(関東対抗戦3位)と帝京大(関東対抗戦1位)が決勝に進んだ。決勝は9日に国立で行われ、明大は3大会ぶり14度目、帝京大は4大会ぶり10度目の大学日本一を目指す。

明大は東海大(関東リーグ戦1位)と対戦して前半を21―3で折り返した。後半は一時逆転されたが24―24から勝ち越しトライを奪い、その後も加点して39―24で勝った。

帝京大は京産大(関西リーグ1位)に前半で10―23とリードを許したが、スクラムで優位に立った後半に3トライを挙げて37―30で逆転勝ちした。