村瀬心がスロープ初V スノボW杯、鬼塚2位

スノーボード・スロープスタイルのワールドカップ(W杯)は1日、カルガリーで今季開幕戦が行われ、17歳の村瀬心椛(ムラサキスポーツ)が77・58点をマークして同種目初優勝した。ビッグエアの開幕戦に続くW杯通算2勝目。

2018年平昌冬季五輪代表で23歳の鬼塚雅(星野リゾート)が77・18点で2位に入り、20歳の岩渕麗楽(バートン)は38・78点で7位だった。

男子は19歳の木俣椋真(ヤマゼンロックザキッズ)の8位が日本勢最高だった。(共同)