コカイン所持疑い、豪のラグビー選手逮捕 警視庁

警視庁=東京都千代田区
警視庁=東京都千代田区

警視庁麻布署は、東京都内でコカインを所持したとして、麻薬取締法違反の疑いで、ラグビーの新リーグ「リーグワン」の「NECグリーンロケッツ東葛」に所属するブレイク・ファーガソン容疑者(31)を現行犯逮捕した。ファーガソン容疑者はチーム所属前、オーストラリアでプレーしていた。

逮捕容疑は昨年12月30日、麻布署(東京都港区)でコカインを所持したとしている。捜査関係者によると、同日午前6時半ごろ、港区六本木の飲食店で男性とトラブルになり、署に任意同行され、所持品検査で発覚した。

チームは1日、ホームページに「関係の皆さまに多大なるご心配とご迷惑をお掛けし、深くおわび申し上げます。警察の捜査に全面的に協力するとともに、状況把握に努めております」とのコメントを発表した。