夢洲、動き出す 大阪・関西万博は未来社会の実験場

大阪・関西万博の会場となる「夢洲」=令和3年12月23日午後、大阪市此花区(本社ヘリから、竹川禎一郎撮影)
大阪・関西万博の会場となる「夢洲」=令和3年12月23日午後、大阪市此花区(本社ヘリから、竹川禎一郎撮影)

2025年大阪・関西万博まであと1198日となった。

「未来社会の実験場」である万博の会場では、既存の制度ではまだ実用化が認められていない多くの技術やサービスが私たちを待っているはずだ。令和4年はそのために必要な規制緩和や法整備のプロセスが進展する見通しだ。

ランキング

  1. 大阪府も蔓延防止適用を正式決定

  2. 人気菓子店で違法残業疑い 最長342時間も

  3. 大阪など関西3府県、21日に「蔓延防止」要請へ

  4. 大幸薬品株がストップ安 消費者庁の再発防止命令で

  5. 「ダメ。ゼッタイ。」の限界 市販薬過剰摂取の実態は

  6. 渡辺王将反撃か、藤井四冠連勝か王将戦第2局を前に意気込み

  7. 「法的措置講じる」 クレベリンに再発防止命令で大幸薬品が反論

  8. 保育施設の通園自粛要請 大阪市、業務逼迫理由に

  9. 【生き、逝く 「在宅死」考】①前編/ノーベル賞・益川さんの妻 「あの人らしい最期でした」

  10. 知人女性に傷害容疑 沖縄県警巡査部長を逮捕