北日本・北陸で暴風雪 交通障害、高波も警戒

強い冬型の気圧配置の影響で、1日は北日本や北陸地方を中心に雪を伴った非常に強い風が吹き、大しけとなる所があるとして、気象庁は積雪や路面凍結による交通障害、暴風雪、高波に警戒するよう呼び掛けた。

気象庁によると、寒波は1日夜にかけ次第に緩む見通しだが、北日本から東日本では引き続き大雪となる所がある。

2日朝までの24時間予想降雪量は、いずれも多い所で北海道、東北、関東甲信40センチ、北陸30センチ。

1日の予想最大風速(最大瞬間風速)は、北海道、北陸20メートル(35メートル)、東北18メートル(30メートル)。波の高さは東北、北陸6メートルと見込まれる。