民家全焼、2遺体発見 高齢夫婦か 奈良・橿原

火災があった奈良県橿原市の住宅=1日午後
火災があった奈良県橿原市の住宅=1日午後

1日午前10時40分ごろ、奈良県橿原市曽我町の無職、岡本正彦さん(82)方で「2階から炎と煙が出ている」と近隣住民から119番があった。奈良県警橿原署によると、木造3階建て約140平方メートルが全焼し、2階から2人の遺体が発見された。

この家で2人暮らしの岡本さん夫妻と連絡が取れておらず、同署が遺体の身元を確認している。

現場は、近鉄大阪線真菅駅から東に約300メートルの住宅街。線路に近く、煙などの影響で同線は午前11時20分ごろから一部区間で運転を見合わせ、約3時間後に再開した。

近所の主婦は「パトカーや消防車が来たので外に出たら、火柱が上がって勢いがすごかった」と話した。70代の男性は「体の悪い方が住んでいると聞いたことがある」と心配そうな様子だった。